名古屋で狭小住宅を提案する工務店  ラウムハウス(株)ニシベ
RAUM HAUS 株式会社ニシベ
TEL 052-363-1511
愛知県名古屋市中川区中島新町3丁目2308番地

光と風と眺望を楽しむ

外の光を取り入れ自然の環境にも考慮した狭小住宅

光があふれる快適な狭小住宅の提案

隣地が迫っている「狭小地」で、不安になることは「暗い」「風通しが悪い」「眺めが悪い」ということがあるのではないでしょうか。これについては、狭小地に限らず住宅を建てる際に必ず気になるところです。
特に隣地が近いと窓を設置しても外からの光が入ってこないケースは予測されます。風についても同様で、窓を開けても風が抜けにくいという不安もあるでしょう。ラウムハウスでは、これを解決することをとても重要視しています。
このような場合に提案しているのが「中庭」です。リビングの一部に中庭を設けることで、外からの視線は遮りながら上部からの光を取り入れることが可能になります。特に、中庭の天井部分に「FRPグレーチング」のような光を通す素材を使うと、とても明るい中庭が実現します。
その中庭とリビングの間を大きな窓を使えば、リビング空間にも明るい光が差し込みます。
また、風についても、的確に窓を配置するということと同時に、その中庭を通って縦に抜けていきます。また、家のなかに「吹き抜け」をつくることで上下の風の流れをうまく取り入れることが可能です。もちろん「光」を取り入れることにおいても「吹き抜け」とても有効です。

最後に眺望ですが、これは隣地との関係で難しいことは否めませんが、これについても中庭に植栽やアウトドア家具などを置くなどして、リビングやダイニングからの眺めを楽しさが感じることにも貢献します。
このように、中庭や吹き抜けなどの空間提案をすることで、狭小地でも「光」と「風」と「眺望」を満足できる狭小住宅を可能にするわけです。
しかし、これを実現するには、そんな提案をしても耐震性能を落とさない特殊な「構造技術」が必要になります。
詳しくは「耐震構法SE構法」をご覧ください。

CONTACT

ラウムハウスにご興味いただきましたら
お気軽にお問い合わせください

コンセプトブックやSE構法テクニカルカタログなど、家づくりの参考になる資料をお送りします。
TEL 052-363-1151
メールでのお問い合わせはこちら

HOME | 狭小住宅 | 光と風と眺望


 

 

ご興味のある方は
お気軽にお問い合わせください
TEL 052-363-1151